水戸の初詣 ~水戸八幡宮~

水戸市指定有形文化財に認定された拝殿
街のヒト・コト

写真:水戸市指定有形文化財に認定された拝殿

鎮守の杜の奥深くこころ静かに手を合わせ
清らかな祈りを捧げる

かつて水戸城最外堀があったと言われる高台に鎮座する「水戸八幡宮」。
茨城百景や、市民が選ぶ水戸百景にも選出されるこの土地は、遠くに日光などの連山、眼下には那珂川の清流を望む景勝地の一つ。
五軒・新荘・常磐学区の氏神として地域に親しまれ、農工商・厄除け・子育ての守護神のもとには多くの人々が訪れる。

起源は天正十九(一五九一)年に遡る。水戸藩主となった佐竹義宣公がその翌年、氏神として崇拝していた常陸太田に鎮座する「馬場八幡宮」から水戸城内に八幡大神を奉斎し、慶長三(一五九八)年に現在の北見町に御本殿を建立。以来、一帯を守護する水府総鎮守とされてきた。

一礼して鳥居をくぐり拝殿へと進む
一礼して鳥居をくぐり拝殿へ

「八幡なる神の社の御葉付の公孫樹のごとく千代に栄む」と和歌に詠まれた、拝殿の左に佇む樹齢八〇〇年を超えるご神木の御葉付公孫樹(おはつきいちょう)は、子授け・安産・無事成長などご霊験あらかた。樹高、樹齢ともに同種の公孫樹では全国一位を誇り、国指定の天然記念物に認定されていて、水戸市指定天然記念物の大欅と共に、静寂に包まれた境内で悠久の時を物語る。

正月の神事

歳旦祭

元日 0時~
厄除け、家内安全、商売繁盛、試験合格などの祈願が行われ、一年の開運、諸願成就を祈ります。

初日出・御来光清祓式

元旦 6時50分~
烈公御涼所にて初日の出を拝し、新春を祝い一年の弥栄を祈念いたします。

湯清め神事

1月4日 14時~
若水を大釜に注いでたぎらし、熱湯によって邪気を祓い全ての霊を浄化する神事です。

はねつき神事・破魔弓神事

1月9日(成人の日)11時30分~
女性神職・巫女が古式の装束をまとい、稲の作柄を占うはねつき、射札をもって一年の邪気を祓う破魔弓神事を行います。

はねつき神事・破魔弓神事
はねつき神事・破魔弓神事

イイミミキケ行事

1月14日
御鏡に繭玉をお供えした後、多くの吉報が耳に届くよう願いを込め小餅を両耳にかざし「イイミミキケ」と唱え食します。

正月限定御守・御朱印配付

1月15日までの期間限定の御守と御朱印をご用意いたします。

水戸八幡宮

水戸市八幡町8-54
茨交バス 栄町経由茨城大学行き「栄町二丁目」下車
029-221-5327

http://www.mitohachimangu.or.jp/

izm

IZMの管理人です。

プロフィール

関連記事一覧

ja Japanese
X