知ることから始めよう
茨城県認知症を知る月間

認知症になっても住みやすい町をつくる
ピックアップ

認知症に関わる人たちが
安心して暮らせるコミュニティを目指して
写真展「RUNTOMORROW」開催

連日のうだるような暑さも呆気なく過ぎ去り、水戸の街が秋の空気をまといはじめる季節。

9月1日~9月30日の「茨城県認知症を知る月間」に合わせ、2012年から認知症を生きる本人や家族、医療福祉関係者などと伴にタスキをつなぎながら走るイベントを続けてきた「RUN伴(ラントモ)いばらき」主催による写真展『RUN TOMORROW』が、9月1日(木)より水戸市泉町の京成百貨店8階エスカレーター横の特設会場にてスタートした。

「認知症になっても住みやすい町をつくる」をテーマに掲げ、2021年の11月にひたちなか市で開催された「RUN伴+ひたちなか~今年はRUNフォト~」(RUNフォト実行委員主催・ひたちなか市役所後援)での展示写真加え、2017年~2019年の水戸市内でのRUN伴いばらきの活動履歴を振り返る写真を展示中。

期間中の9月4日(日)には、VRを使用し「レビー小体型認知症」や「アルツハイマー型認知症」の症状別に起こり得る状況を体験できるブース(SOMPOひまわり生命保険株式会社 関東統括部茨城支社・株式会社ライフキーパージャパン提供)や、6月に京成百貨店9階レストラン「常陸秋そば泉」にて開催された、認知症当事者が接客をする一日限定のレストラン「いいあんばいレストラン」の映像上映イベント(てへぺろMITO実行委員会)を開催。
RUN伴いばらきを始めとした認知症をサポートするメンバーが集まり、認知症への理解促進活動を行う。

当事者はもちろん、認知症に関わる全ての人たちが「安心して暮らせるコミュニティ」を実現する一歩として、「認知症を正しく知る」ことを目的とした今回の企画。
認知症の世界に触れ、認知症への理解を深めるまたとない機会に、ぜひ足を運んでいただきたい。

izm

IZMの管理人です。

プロフィール

関連記事一覧

ja Japanese
X